FC2ブログ

オーディオワークス

アンプ製作・電子工作など・・・

2009年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年09月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

LM3886インスツルメンテーションパワーアンプ

shisaku_01_300px.jpg

LM3886を採用したインスツルメンテーション構成のパワーアンプです

特徴:
・バランス入力シングルエンド出力です
・インスツルメンテーションアンプは入力から入ってくるノイズ(正確にはコモンモードノイズ)を減衰させ音声信号のみ増幅します、その結果ノイズの少ない静かな音になります
・アンプケース内で発生する電源トランスからのノイズ等に対しても減衰効果があります
・DCアンプになっていますのでDCから増幅します
・出力オフセット調整回路が付いています
・モノラル基板です
・基板を2枚使ってバランス入力バランス出力のパワーアンプを構成できます
・一般的なモノラル基板を2枚使ってもバランス入力バランス出力のパワーアンプを構成できますが、その場合はノイズを減衰させる能力は無くノイズも増幅してしまいます
・高信頼性、高音質の部品のみ採用
・基板は両面スルーホール基板、パターンが剥げることが無く頑丈です

通常、インスツルメンテーションアンプは工場や医用機器のセンサー用に使われています、ノイズの多い環境の中でも必要とする微少信号のみを増幅することができます、今回はそれをパワーアンプに応用しました

注意:
・画像は試作品ですので販売時には使用部品が少し変わります
スポンサーサイト

| アナログパワーアンプ | 03:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2009年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年09月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。