FC2ブログ

オーディオワークス

アンプ製作・電子工作など・・・

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

試作 TPA3100D2(3)

完成04_400px

完成!!

音質:
DVDの音声用途にはまずまずの音質です、ピュアオーディオ用のメインとしては少し無理でしょう、特に良くもなく悪くもない音質です、サブとしてなら手軽に聴けます、発熱も少なく消費電力も少ないので長時間の使用も気になりません。
スポンサーサイト

| デジタルパワーアンプ | 15:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

試作 TPA3100D2(2)

製作中01_300px

ケースに部品と基板を取り付けたところ

| デジタルパワーアンプ | 23:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

試作 TPA3100D2(1)

基板_500px

デジタルパワーアンプを試作します

画像は左よりTPA3100D2基板、スーパーキャップ、トロイダル電源トランス

スーパーキャップは瞬時電流供給能力が強力であり、パルスだらけのデジタルアンプには効果大と思われます

| デジタルパワーアンプ | 00:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

MAX9708

MAX9708
デジタルパワーアンプの最近の動向として「出力フイルターレス」と「スペクトラム拡散変調方式」が主流になってきています、基板にフェライトのコイルが並んでいるのは古いタイプのアンプに見えてきました^^;

| デジタルパワーアンプ | 01:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

デジタルパワーアンプ

■TI社のデジタルパワーアンプ・TPA3100D2基板
TAP3100D2EVR_300px.jpg
 この小さなチップで20Wがでます、デジタルパワーアンプ効率の良さを再認識しました、TPA3100D2は出力フイルターレスでも動作可能です、出力フイルターレスにすると波形の立ち上がり下がりが高速になります、音質的にもかなり改善されるものとおもいます、ただし、長いスピーカケーブルを接続した場合はスイッチングノイズが放射されるようです。
 改善方法としてはスピーカケーブルをシールドすることです、その場合は芯線を別々にシールドすると効果があるようです。
 詳しいことは「ラジオ技術誌2008年11月号」で中川浩一氏が実験報告されています

| デジタルパワーアンプ | 14:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。